最新情報

現在あそびあいらんど の開催は未定です。

あそびあいらんど とは?

あそびあいらんど とは、親子が集う、Chially主催のアートな遊び場です。
乳幼児教育を考える保育士・幼稚園教諭として、親子で感動を楽しみ共有できる遊びを展開します。
また、一時保育を無料で利用できる仕組み(ハッピーチャージday)も現在準備中です。

 

あそびあいらんどには、  

           

6カ月頃参加できる

  「はじめてクラス」   

②3歳頃参加できる

  「ひらめきクラス」    

〜100歳まで参加できる

  「ごちゃまぜクラス」

 

の3つのクラスを用意しています。(※準備中)

あそびあいらんど のいいところ

 こどもの発達を考える上でとても大切な5領域。それは、健康、人間関係、環境、言葉、表現。どれもこどもの育ちに欠かせないものです。

 乳幼児教育での表現活動は、美術・音楽・演技などだけではなく、それにつながる感動体験が必須です。こどもは五感で感じ、その感動によって、創造力挑戦する心を生みます。「美しい」「楽しい」と感じるからこそ、「カタチにしたい」「やってみたい」というやる気が生まれるんですね。

 そうして表現されたものはコミュニケーション力へとつながります。「友達と共有したい」「伝えたい」と思う気持ちは、社会でも必要な力です。

 

 また、指先の感覚を研ぎ澄ませ動かすことで脳を刺激し、集中力を高めます。生活の中に、心がぐっと感動に惹きつけられる時間があることは、情緒の安定にもつながります。情緒が安定すると、気持ちにゆとりが生まれ、普段から人の話を聞く力や、理解し行動する力にもつながると考えています。これらは生きていくうえで重要な基盤となります。

 普段なかなかできない感動体験を親子で体感するということもポイントです。大人がこどもの感じ方、表現の仕方を分かれば、普段からこどもの気持ちに気づき、理解しやすくなります。「この子、何考えてるの!?」と怒ってしまいがちな場面でも、「ダメ!」と怒るより、一度共感してから、できるだけこどもの想いが叶うような提案をしてあげられようになってきます。そうすると、こどもは素直に受け入れてくれやすいので、親子ともにストレスフリーに過ごせることが増えてきます。

 あそびあいらんど では、様々な感動体験を、色や形で、音で、表情で、体の動きで、声で形にとらわれず、様々に表現し合うことを楽しむ空間を提供します。

※あそびあいらんどでは、親子で3回参加すれば、その後の1回を無料で一時保育として利用できる「ハッピーチャージday」という仕組みを現在準備中です。

あそびあいらんど のルール

過去のあそびあいらんど

終了しました

2017.12.13(水)

あそびあいらんど 

〜サンタの国は遊園地!〜

場所:富山市婦中ふれあい館軽運動室

終了しました

2017.7.8(土)

あそびあいらんど

〜虹色シャボンdeリベンジpart☆2〜
場所:富山市北代緑地公園

終了しました

2017.5.20(土)

あそびあいらんど

テーマ:みんなで動物園に遠足だっ!

場所:富山市ファミリーパーク

 

終了しました

2017.4.12(水)

あそびあいらんど

〜感性のあそびシリーズ③〜

テーマ:あなっておもしろい!

場所:婦中ふれあい館(軽運動室)


過去の写真は、facebookアルバムをご覧ください。