親子大学 FREE

Chiallyのスマホ子育て教室「親子大学」の

無料体験版です。

 

子どものニーズや時代に合わせて、

大人もやりやすいように保育や子育てを考えていく。

そういうスタンスで、Chiallyなりに考えていきたいです。

 

保育士は親を知り、親は保育士を知り、

子どもを知らない人は親と保育を知る。

園の中だけでなくもっと広域から、

子育て・保育を今よりよくしてけたらと思います。


親子大学4つのカテゴリー

連絡ノート

(for PARENTS)

〜 パパ・ママへ 〜

『How to のための How to』で子育てを楽しむ

彼氏・彼女から、結婚して夫婦になった。

出産して、妻からママになり、夫からパパになった。

産婦人科の両親学級へは行ったけれど、教わったのはベビーのお世話のこと。

本当に教えてほしいのは、どんなこと?

必ずあるこどもの「イヤイヤ」や「好き嫌い」の解決法、仲良しなパパママでいられる方法、「ダメ」ばかりじゃなく、こどもが信頼してついてきてくれる方法・・・

 

わたしたちはいつも『How to』を求める。

でも本当の答えは、ネットの情報や育児書じゃない、目の前のこの子の中にある。

だって、一人ひとりにあるバックグラウンドが同じじゃないから、答えはその子の中にしかない。

 

ここでは、『How to』を用意するのではなく、

『この子だけのHow to を見つけるための How to 』を揃えられたらと思います。

お役に立てると嬉しいです!


保育日誌

(for NURSERY SCHOOL TEACHER)

〜 保育士・幼稚園の先生へ 〜

楽しんで「子ども主体の保育」を実践する

保育が大好き。でも出産後は続けられなかった私。

「保育はどうしてこんなにも世間に軽視されるのだろう」。

でも考えてみれば当たり前だった。

みんな保育の凄さや素晴らしさを知らないから。

 

アポロは月へ行ったけど、その凄さは、飛行機があれば行けると思っている人にとっては当たり前のこと。

大気圏があって、無重力で、圧倒的な訓練が必要で・・・

そんな具体的な「困難さ」とそれを「打破した方法」を伝えることでその凄さが理解され、報酬はぐんと上がる。

 

世間に保育士はたくさんいる。

でも、保育現場で起こっていることを伝える人がいなかった。

一部の教育関係者の中でやり取りされていたって、何も変わらない。

世間の、保育を知らない、関係のない人にどれだけ伝えられるか。

それを伝えようと思った。

 

このサイトを通して、保育で困っていることがあれば、

ぜひ教えてください。

それをピックアップし、子どもたちの日常の姿を

保育士の皆さんの見解を通して伝えることで、

保育士指針や教育要領にも示されている「家庭との連携」を

広域から図っていきたいと思います。

 

また、Chiallyのサイトは「子どもとつくる壁面」などの言葉で検索されることがある。

保育の引き出しを探している人だ。

保育の活動はこどもの姿から計画されるものなのはもちろんだけれど、

新米保育士や、初めての学年担任にとっては、

引き出しの幅が狭く、柔軟に対応しようと思ってもできないのが現実。

そこで、Chiallyが富山の保育の「引き出し」になれないかと考えた。

活動だけでなく、具体的な声かけや援助についても今後引き出しを増やしていきたい。

 

保育士さんの引き出しを用意し、少しでも負担を減らすことが目的です。

そしてママになっても持続可能な保育を目指します。

また、「大人主体の保育」ではなく「子どもたち主体の保育」について、

考えていけたらと思います。

 


あそび図鑑

(for CHILDREN)

〜 こどもたちへ 〜

自ら考えクリエイティブに遊ぶチャンスを

遊びざかりのこどもたち。

こどもたちは遊びの中からたくさんの学びを得る。

既製のおもちゃもいいけれど、遊び方の決まっていないもので、

「自分で遊びを作っていく」ところに大きな意味がある。

 

こどもたちの成長のために、

生活の中で取り入れやすい素材やアイディアを集め、

図鑑にしてみることにしました。

園でも家庭でも、ぜひ使ってくださいね。


母子手帳

(for MATANITY MAMA)

〜 プレママ・ベビ待ちママへ 〜

子どもの誕生や子育てを楽しめるように

出産してからが親じゃない。

妊娠中に感じる親としての気持ち、悩み、そして喜び。

また、このサイトを共有することで、大人同士の共通理解ができたり、

もしかしたら将来親になるかもしれない若い学生が、

未来に子育てという希望を描くきっかけになるかもしれない。

 

妊娠中に役立つ知識やモノたちを紹介したり、

様々な身心のトラブルにもおだやかに臨める、

そんな考え方をおすそ分けできたらと思います。

みんなでベビー誕生の喜びもシェアしていけたら嬉しいです!


まだまだチャレンジを始めたばかりの「親子大学」。

新しい視点やこんなのあったらいい!があれば、どんどん教えてください。

皆さんのご協力をよろしくお願いします!