· 

5/15 あそびあいらんどレポート

あそびあいらんど@アースディフェスティバル~草花ジュースでごっこ遊びを楽しもう~

青い空、キラキラの太陽。

お花と一緒に草花から作った色水やお花を並べて、ジュースやさんやお花屋さんごっこをしたり。

あまりにキレイで美味しそうで、思わず味見しちゃう子も!

 

小さい子たちは、みんな色水を作っていると思いきや…

カップを並べることに興味がある子、

水の入ったカップの上に新たにカップを重ね、噴水のように下の水が飛び出す大発見をした子、

たくさんの草花を入れて、サラダのようなごちそうをたくさん作る子、

カップの中の水、こぼれた水、それぞれを触って、感触の違いを楽しむ子、

ペットボトルの蓋に、いかに上手く水を注ぐかの挑戦をする子、

こどもたちを見つめていると、同じことをやっていても、それぞれに感じていることが違うのです。

 

「やりたい!」とどんどん子どもたちが増え、それぞれの「面白い!」が次々に連鎖していきます。

もーみんな真剣!!!!

ママが黙って少し手を貸すと、「ちょっとママ勝手に入れんで!!」と怒られちゃう。

出来上がると、みんな満足感と達成感に満ち溢れてる♪

 

ママ「えっ…、この子がこんなに真剣に楽しんで長時間遊ぶのを初めて見ました!」

ママ「この子がこんなに草花の色水遊びに興味があるとは!」

自分の関わり次第で、どんどん変化していく目の前のモノ。

こどもたちは新しい自分を立て続けに発見しているようにも見えました。

 

どの子もみんな、宝物のように大事に大事にペットボトルに入れ、満タンになるまで夢中になっていました。

やっと満タンになった、自分の思う色の水。

「そのペットボトル、冷蔵庫に入れといたらダメだよ!」

という私の言葉に、子どもたちは

「え、なんで??」

と不思議そう。

「どうしてやと思う~?」

 

そこからみんながそれぞれ答え出します。

「分かった!爆発するんじゃない!?」

「お父さんが間違えて飲んじゃう!」

「だったら、シールを貼っておけばいいよ!」

「ラップしとけば大丈夫!」

「冷凍庫に入れたらどう?」

「えー!カチカチなっちゃうよ!」

「それ面白そう!」

「僕もやってみるわ!」

こどもたちのアイデアって、ひらめきって、その時の表情って、一体感って、本当に可愛くて面白くて興味深くて。

そういう瞬間、私は自分自身に足りないものに気づかされたり、仲間の大切さを思い知ったり、心の豊かさを感じたり…。

その時間がたまらなく大好きで、大好きで。

だからこどもたちと関わるのが大好き。保育が大好き。

 

みんな満面の笑みでお家に持って帰りました。

(お家の方、草花の色水を冷凍庫に入れていても怒らないでくださいねー!)

この日はママたちから、我が子の新たな一面を知れたと好評ばかりでした。

 

お手伝いのスタッフとして参加してくださった一日先生のママさん。

素敵なご感想をいただきました!

 

「日常では気づかないことも、1日の活動を通してたくさん発見できました。

保育士さんのこどもたちへの声かけや、対応の仕方がとても上手で、勉強になりました!自分の日常生活にも取り入れていきます!

保育士さんと一緒に活動すること(かつ自分の子どもも一緒に)は、なかなか出来ないので、とても貴重な1日になりました。

また、たくさんの眼で子どもを見ていてもらえたので、私も安心して過ごせました。ありがとうございました。」

 

素敵なご感想…♡♡

 

ぜひ、皆さまにこの感覚を味わっていただきたいし、もっとこどもを、心の動きを感じてほしいです!

そのために、私はこの活動がみんなの活動になるまで、頑張りたいと思います!どうか応援よろしくお願いします。


親子みらいコミュニティ Chiallyキアリー

HP◆http://chially.jimdo.com

facebook◆http://www.facebook.com/chially.jam.jam