· 

6/26 あそびあいらんどレポート

あそびあいらんど@サンフォルテフェスティバル~つくってあそぼう~

開始前、お部屋の前にはあそびあいらんどを待つ行列が!可愛いねんねアートとたっち&おひるねアートにはたくさんの方が来てくださいました。赤ちゃんを笑顔にしようと、他の赤ちゃんでもみんなで必死になる姿が印象的でした。ママパパたちの間には、何だか一体感が生まれた様子…♡

 

 制作ブースでは、ママから質問が。「ここは何を作るんですか?」「ここにある材料をなんでもどれだけでも使って、好きなものを作るんですよ!」と先生が答えた瞬間の子どもたちの目の輝き☆☆☆!!

 

 自分の内面から湧き出てくるアイディアや思いを好きなように表現していい、なんて時間、園でも学校でも、実はあまりないように思います。何かしらの制限があったりしませんか?でも今日は違います!みんなイキイキと楽しんでいました。

 

 「楽しむ」って、大きな声を出したり、走り回ったり、笑ったり、決してそれだけではないと思います。子どもたちの脳の中が、心の中が、夢中で楽しんでいるのを間近で感じることができました。

 

  制作を進める中で、こんなエピソードが。

 

 トイレットペーパーの芯を作った土台の上に転がして遊ぶゲームを作った男の子。転がった芯がカップとカップの間を通るようにしたいのに、芯がどうしてもカップに引っかかってしまう。先生は、芯を切って小さくすることを、ヒントのようにうまく伝えられないかな?と思い声をかけた。男の子はひらめいた!!!という顔をして、2つのカップを倒して角度を変えた。もちろんバッチリ、芯は通った。

 

 大人だったら考えないようなことを、子どもは思いつくんです!そして自分の考えで成功した時の気持ちのいいこと!!

 

 制作を思う存分楽しんだ子どもたちは、どの子もとっても満足そうな笑顔で帰っていきました。(中には、パパママも一緒に大作を作った子も♡)

 

 お越しくださいました皆さま、どうもありがとうございました!また子どもたちが本当にわくわくする企画をどんどん考えていきますね!